鷲野宏デザイン事務所/washino hiroshi design
 
 
トップページ デザイン作例 制作の流れ ご提案とお問い合わせ
 
 

 

  作例インデックス 作例
「万物は流転す。-ヴェーセン、東京にて『時』と遊ぶ。」 コンセプト、フライヤー、ウェブページ

スウェーデンのトラッドグループ「ヴェーセン」の2013年7度目の来日公演の企画・製作。 東京でのツアーは、「時」をテーマとした3つの会場でおこなわれた。白亜紀の恐竜が眠る夜の博物館、大正期の異文化折衷の仏教建築、現代の美意識・モダニズムの空間-複雑に影響しあいながら変化していく出来事の中で、時の変遷を体現する記録係のような化石や空間が今回の会場。約6500万年前、約100年前、そして現代の3つの会場でヴェーセンが「時」と遊ぶことをコンセプトにトータルなイメージの演出をおこなった。







コンセプト、フライヤー、チケット、ウェブページ

[関連DATA]

出演:ヴェーセン
Mikael Marin(viola)、Olov Johansson(nyckelharpa)、Roger Tallroth(12string guitar)

「絶滅した恐竜との対話」
日時:2013年5月16日(木)18:30集合
会場:国立科学博物館(JR「上野」駅)

「異文化折衷の仏教建築との対話」
日時:2013年5月17日(金)18:30開場・19:00開演
会場:求道会館(大江戸線・丸ノ内線「本郷三丁目」駅、南北線「東大前」)

「モダニズムの美意識との対話」
日時:2013年5月18日(土)15:00開場・15:30開演
会場:代官山ヒルサイドプラザ(東急東横線「代官山」駅」)

主催:THE MUSIC PLANT 共催:都市楽師プロジェクト 

 

 
事務所概要お問い合わせ
copyright