鷲野宏デザイン事務所/washino hiroshi design
 
 
トップページ デザイン作例 制作の流れ ご提案とお問い合わせ
 
 

 

  作例インデックス 作例
瀧廉太郎記念館・展示リニューアル

大分県・竹田市にある瀧廉太郎記念館の展示方法のリニューアルをおこないました。ここは、音楽家・瀧廉太郎が東京音楽学校に入る前の多感な時代に過ごした家を建築家・木島安史氏とサウンドスケープの鳥越けい子氏が、廉太郎を育んだ環境の追体験を目指して整備したもの。開館より約20年の年月がたち、環境を追体験するはずの空間には、展示ケースが所狭しと置かれるなどコンセプトと実際のしつらえの間に深刻なズレが生じていた。

音楽家・瀧廉太郎を育んだ竹田の環境に思いを馳せながら、ここから廉太郎の視点で竹田のまちを歩いてもらいたいというのが、今回のリニューアルのコンセプト。デザインするにあたっては、なるべくそこに身を置く人の自由な感性を引き出すことに重きを置いて、博物館・資料館のような資料解説は極力避けつつ、廉太郎の気配を感じ取れるように和室や縁側に腰を下ろしてゆっくりと過ごすことを促すようにデザインした。風が吹けば揺れる垂れ幕に展示解説をしたり、玄関から入るとライトアップされた什器やプロジェクションなど新しいしつらえをした暗い空間を経て、ふたたび自然な光に満ちた和の空間へ至ることで、より鮮やかにあたりまえの世界を感じ取ってもらうための仕掛けもつくった。

様々な方向から聴こえる色々な鳥の鳴き声、竹のさわさわと揺れる風の音、木漏れ日のゆらめき、水路を流れる水の音、砂利を歩く下駄の音…当たり前の環境の「豊かさ」がすっと入り込んでくると思う人が増えたら嬉しいと思う。






[デザイン分野] 展示物、什器、照明、プロジェクション
監修:鳥越けい子 施主:大分県竹田市  

 

 
事務所概要お問い合わせ
copyright